オフェリアインターナショナル生徒規約

オフェリアインターナショナル(以下,「甲」という。)が運営する「オフェリアインターナショナルのオンライン英会話(以下,「本サービス」という。)の申込み希望者および利用者(以下,「乙」という。)が本サービスを利用するに際して,以下のとおり利用規約(以下,「当利用規約」という。)を定める。

第1章 本サービスへの登録

第1条(当利用規約の範囲)

 当利用規約は,乙が本サービスの利用を申し込んだ時点から乙が退会するまでの期間における,本サービスの利用及び本サービスに関連して甲が乙に発信する情報その他本サービスの利用に付随又は関連する一切の甲乙間の関係に適用される。

第2条(本サービスの登録)

1 乙は,本サービスの利用をするにあたって,甲が定める方法で事前に本サービスへの会員登録の申し込みを行わなければならない。

2 乙は,本サービスに登録する前に,以下の事項を遵守しなければならない。

① 予めネット環境(第8条に定める事項を含む)が本サービスの利用に問題がないことを確認すること。

② オンライン通話に必要な機材を準備すること。

③ 乙が未成年者である場合には,親権者等法定代理人の同意を得ること。

④ 乙は電子メールを甲から受け取ることができる電子メールアドレスを準備すること。

⑤ 甲が乙に対して本サービスに関する通知,アンケート,及び甲の事業に関する広告等を電子メールで送信することができることを確認すること。

3 甲は,乙が以下に定める事由に該当する場合,乙の会員登録の申込を拒否することができる。

① 乙本人と異なる氏名又は住所を登録した場合。

② 複数の登録を行おうとした場合又は行った場合。

③ 届け出た情報に,虚偽又は不正確な内容が含まれていた場合。

④ 過去に当利用規約に違反し又は登録取り消しがなされた場合。

⑤ 過去に甲と締結した契約の代金の支払いを怠っていた場合。

⑥ 未成年者,被保佐人,被補助人の何れかであり,登録申込の際に親権者又は未成年後見人,保佐人もしくは補助人の同意を得ていない場合。

⑦ 成年被後見人であるにもかかわらず成年後見人が乙を代理して登録申込を行っていない場合。

⑧ 反社会的勢力等である場合。

⑨ その他,本サービスの利用者として不適当であると甲が認めた場合。

第3条(パスワード等の管理)

1 乙は,本サービスの利用にあたり,ユーザーIDおよびパスワード(以下,「パスワード等」という。)を厳重に管理し第三者に漏らしてはならない。

2 甲は,乙がログイン時に入力したパスワード等と登録されたパスワード等とが一致した場合には,本サービスの利用が乙本人によるものであるとみなすことができる。

3 乙は,パスワード等を第三者に譲渡,貸与,その他使用等させてはならない。

4 乙は,パスワード等の盗難,失念,又は第三者の不正使用が疑われる場合には,甲に対し,速やかに連絡を行った上,甲の指示等に従わなければない。

5 甲は,甲のパスワード等の使用又は管理上の過失によって生じた乙の損害について,甲に重大な過失がある場合を除き,一切責任を負わない。また,甲は,乙のパスワード等の使用もしくは管理上の過失,又は第三者の不正利用によって生じた乙又は第三者の損害について,一切責任を負わない。

6 乙が本サービスに最終ログインした日から起算して180日間本サービスを利用しなかった場合,事前に特段の申し出がない限り,甲は乙のアカウントおよび登録情報を削除することができる。

第4条(登録情報の変更)

乙は,自己の登録情報の変更を希望する場合,甲の定める方法に従い遅滞なく変更手続を行わなければならない。なお,乙が変更手続を遅滞したことによって乙又は第三者に損害が発生した場合であっても,甲は乙又は第三者の損害について一切責任を負わない。

第5条(禁止行為)

1 乙は,本サービスの利用に際して,以下に該当する行為を行ってはならない。

① 乙が本サービスを利用する権利を第三者に譲渡又は使用させること。

② パスワード等を第三者に使用させること。

③ 甲の権利利益を侵害する行為。

④ 違法又は公序良俗に反する行為。

⑤ 本サービスの運用を妨げる行為。

⑥ 本サービスを営利目的に利用する行為。

⑦ 他の利用者又は講師らに対する脅迫,嫌がらせ,不良行為,その他レッスンの進行を妨げる行為。

⑧ 甲が一般に開示していない機密情報を詮索する行為。

⑨ 他の利用者又は講師らに対しマルチ商法等の勧誘をする行為。

⑩ 本サービス以外で講師らと個人的に接触し,又は接触しようとする行為。

⑪ 講師らに対し,甲の競合他社への勤務を勧誘する行為。

⑫ 甲の管理者に対する暴言,脅迫,その他甲の業務の進行を妨げる行為。

⑬ 1つのアカウントを複数のユーザーで利用する行為。(キッズを除く)

⑭ 1人のユーザーが複数のアカウントを登録する行為。

⑮ 前各号に定めるほか,甲が不適当と判断した行為。

2 乙が前項に違反し甲又は第三者に損害が生じた場合,乙は本サービスからの退会後であっても,すべての法的責任を負うとともに甲は一切の責任を負わない。

第6条(罰則規定)

1 甲は,乙が以下のいずれかに該当した場合,乙の本サービスの利用を取り消すことができる。

 ① 乙が前条に定める禁止行為を行った場合。

 ② 乙が当利用規約に違反した場合。

 ③ 乙が利用料金の支払を遅滞した場合。

 ④ 乙が本サービスの利用に際し,甲からの指示等に従わなかった場合。

 ⑤ 前各号に定めるほか,甲が乙による本サービスの利用を不適切と判断した場合。

2 甲は,前項に定めるほか当利用規約に基づき乙の本サービスの利用を取り消した場合であっても,乙に対し,乙が購入したポイントの払い戻しを行わない。

3 乙が,第1項に違反し甲又は第三者に損害が生じた場合,乙は本サービスからの退会後であっても,すべての法的責任を負うとともに甲は一切の責任を負わない。

第7条(電子メールによる通知)

1 甲は,乙に対し,本サービスに関する各種情報を、乙が登録した電子メールアドレス(以下,「指定メールアドレス」という。)に通知する。ただし,甲が必要と判断した場合には,甲は乙に対し,架電による方法で確認をする場合があり,乙はこのことを予め承諾する。

2 乙は,指定メールアドレスに関する各種設定等を変更した場合,甲(ドメイン名:1coin.jp)からの電子メールの受信を許可しなければならない。

3 甲の乙に対する通知は,指定メールアドレスへの発信をもって乙に到達したものとみなす。

4 乙が適切な指定メールアドレスを登録しなかったこと又は乙が受信設定の変更を怠ったことにより,甲からの電子メールが乙に到達しなかった場合,甲は一切の責任を負わない。なお,乙は,これにより生じるすべての損害を賠償する義務を負う。

第2章 本サービス

第8条(本サービスの利用)

1 乙は,本サービスの利用を開始する前に,以下の事項を確認し又は同意する。なお,甲の本サービス提供に関する甲乙間の契約は,乙が第2条第1項に定める本サービスの登録後,甲が乙の指定メールアドレス宛に承諾の通知を行った時点で成立する。

① Skype™または甲が指定する通信ソフトをインストールすること。

② 乙が登録したSkypeIDおよびSkype名をレッスン提供の目的で本サービスの予約ページ等に掲載すること。

③ 甲は乙のレッスン内容等必要な情報を記録することができること。

④ 甲はレッスンの録音およびスクリーン撮影をする場合があること。

2 乙は,前項に基づく契約成立後,第15条に定める利用料金の初回の支払いが甲により甲のシステム上で確認された日(以下,「利用開始日」という。)から本サービスの利用を開始することができる。

第9条(Skypeの利用)

甲は,乙に対し,本サービスをSkypeが提供するサービスを利用して提供し,乙は,Skypeの利用に際し,以下の内容を遵守又は承諾する。

① Skypeの各規約及びガイドラインを遵守すること。

② 本サービスの利用前までにSkypeが利用できる環境を整えること。

③ Skypeのダウンロード,インストール,設定,及び使用等について,乙はすべて自らの己責任で行なうこととし,甲は一切の責任を負わないこと。

④ レッスン中に発生したSkypeの機能の不具合等について,甲は一切責任を負わないこと。

⑤ Skypeが提供するサービスに関する相談,問い合わせ等について,甲は一切対応できないこと。

第10条(無料体験レッスン)

1 乙は1回分の無料体験レッスンを受講することができる。

2 乙は,無料体験レッスン受講中も,当利用規約を遵守しなければならない。

第11条(レッスンの予約)

1 乙は,レッスンの開始日時の30分前までにレッスンの受講日時および担当講師を当ウェブ上にて予約しなければならない。

2 乙は,前項の予約を,第14条に定める利用期間内で行うことができる。

3 第1項の予約は,当予約システム上に当該予約が反映された時点で成立する。

4 乙は,前項に基づいて予約成立したレッスンの受講をキャンセルする場合,甲が定める方法にて当ウェブ上で行う。

5 乙が予約したレッスン開始時刻の3時間前までに前項に基づくキャンセルの手続を行なった場合,当該レッスンのポイントは消化されない

6 乙がレッスン開始時刻の3時間以内に,第4項に基づくキャンセルの手続を行い当該レッスンを受講しなかった場合,当該レッスンは受講したものとみなされ,必要ポイントは消化される。

第12条(レッスン)

1 1レッスンの時間は,25分間とする。

2 乙は,レッスン開始時刻の5分前までにSkypeを起動させるものとし,レッスン開始時刻から10分経過した時点において,当該レッスンを担当する講師(以下,「担当講師」といいます。)からのSkypeチャットによる問いかけに応答しない場合,甲は,乙がレッスンを欠席したものとみなすとともに当該レッスンが受講されたものとみなす。

3 乙が予約したレッスンを欠席して受講しなかった場合であっても,当該レッスンを受講したものとみなされ,受講に必要なポイント数が消化される。

4 乙がレッスンを無断で欠席した場合,甲は,乙に対し,警告等を行なうことができる。乙が,甲の警告等に従わない場合,甲は,乙の本サービスの利用を取り消すことができる。

第13条(ポイントの返還)

1 甲は,乙に対し,以下に定める場合に限り,乙が以下の場合のために消化したポイントを返還する。なお,ポイントの返還は,別途甲が定める方法で行う。

① レッスンを担当する講師が,乙の責めに基づかない事由によりレッスンを行えなかった場合。

② 前号に定めるほか,甲がポイントの返還を適当と認めた場合。

2 前項に定める場合であっても,以下に定める場合は,甲は乙に対してポイントの返還を行わない。

① 乙が,レッスンに遅刻,早退した場合。

② 乙が,第11条に定める方法で予約したレッスンのキャンセルの手続を忘れた場合。

③ 乙が,第11条に定める予約を行っていなかった場合。

第14条(本サービスの有効期間)

1 乙は,ポイント残がある場合に限り,本サービスを利用することができる。ただし,乙がレッスンを受けた日から90日を経過しても次の予約を行わない場合は,レッスンを受けた日から90日を経過した日をもってポイントの有効期限が切れたものとみなす。

2 甲が乙に返還したポイントの有効期限については,前項と同様とする。ただし,乙が前項の有効期間内に返還されたポイントを消化することができない場合は,甲乙協議の上,別途有効期間を定める。

第15条(利用料金・利用料金の支払方法)

乙は,甲に対して,本サービスの利用料金を以下の支払方法にて支払わなければならない。

【支払方法】甲が運営するオンラインショップにおいて,レッスンポイントをクレジットカードを利用して支払う,又はショップが提供するその他の支払方法で支払う。

第16条(退会)

乙が退会しようとする場合は,甲が定める方法にて退会申請を行わなけ ればならない。なお,甲が乙の退会申請を確認し,手続を完了した旨を電子メール等で乙の指定メールアドレス宛に送信した時点で退会手続が完了する。

第3章 一般条項

第17条(登録情報の取り扱い)

1 甲は,乙の登録情報を本サービス提供の目的にのみ使用する。

2 甲は,乙の登録情報を乙の事前の承諾なく第三者に開示してはならない。ただし,以下の事由に該当する場合は,この限りではない。

① 法令等に基づき開示を求められた場合。

② 公的機関より開示を求められた場合。

3 甲は,乙の登録情報のうち,個人情報に該当する情報について,プライバシーポリシーに則り取り扱う。

第18条(本サービスの中断・終了)

1 甲は,Skype及びアプリケーションの障害,国内外の政治情勢,自然災害,甲が提供するサーバー等の障害,その他やむを得ない事由により本サービスの提供が困難となった場合,予告なしに本サービスを中断することができる。

2 乙は,担当講師が在住する国の祝祭日前後に,利用可能なレッスン数が通常より著しく減少する可能性があることに予め同意する。

第19条(損害賠償責任)

1 甲は,乙に対し,乙が当利用規約に違反したことにより生じた損害の賠償請求することができる。

2 甲は,乙に対し,甲の故意又は過失に基づく本サービスの不備・瑕疵等によって生じた乙の損害について,当該損害が発生した月に乙が購入した利用ポイント料金の額を上限として賠償する責任を負う。

第20条(知的財産権)

1 本サービスに関する著作権その他の知的財産権は,全て甲に帰属する。

2 甲は,乙が甲の著作権その他の知的財産権を侵害した場合,乙に対して,刑事告訴,損害賠償請求等,あらゆる法的措置を行うことができる。

第21条(免責事項)

乙は,以下に定める事項に,直接・間接を問わず起因又は関連して生じた一切の損害について,甲がいかなる責任も負わないことについて予め同意する。

① 本サービスの利用に際し,以下に定めるほか,一切の満足な利用ができなかった場合。

(1)急激なユーザー数の増加,又は第18条第2項に定める事由により,提供レッスン数が不足したことに起因する場合。

(2)乙が希望する特定の講師のレッスンが予約できなかった場合。

(3)乙が希望する特定の時間帯に本サービスが予約または利用できなかった場合。

(4)第18条第1項に定める事由によりレッスンを中止せざるを得なかった場合。

(5)停電等の不可抗力によりレッスンを中止せざるを得なかった場合。

(6)乙のメッセージやデータへの不正アクセスや不正な改変,その他第三者による行為に起因する場合。

② 本サービスの学習効果や有効性,正確性,真実性等。

③ 乙の自己責任で受信した,または,開いたファイル等が原因となりウィルス感染などの損害が発生した場合。

④ 乙の過失によるパスワード等の紛失または使用不能により本サービスが利用できなかった場合。

⑤ 当ウェブで提供するすべての情報,リンク先等の完全性,正確性,最新性,安全性等。

⑥ 当ウェブから,または当ウェブへリンクしている甲以外の第三者が運営するウェブサイトの内容やその利用等。

⑦ 決済方法に伴うトラブルや不具合。

⑧ その他甲の責めに基づかない事由で本サービスの提供が困難な場合。

第22条(本サービスの基準時)

本サービスにおける日時は,全て日本時間(GMT+9:00)による。

第23条(当利用規約の変更)

1 甲は,乙に対して予め通知することなく当利用規約を変更することができる。ただし,この場合,甲は乙に対し,当利用規約の変更後,速やかにその旨を当ウェブ上にて通知しなければならない。

2 変更後の利用規約は,当ウェブ上に掲載された時点,又は,甲が本サービスもしくは電子メールを介して甲が乙に対して情報を発信した時点で効力を生じる。

3 乙は,前項について予め同意する。

第24条(準拠法および専属的合意管轄裁判所

1 当利用規約は,日本国の法令に準拠して解釈されるものとします。また,本サービスに関連して,甲と乙との間で紛争が生じた場合または当利用規約の条項もしくは当利用規約に定めのない事項について紛議等が生じた場合には,甲乙が相互に誠意をもって協議する。

2 甲及び乙は,甲乙間の紛争については,長崎地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。