オンラインレッスンの特色

JQ173_72A

「このままオンライン畑を野放しにできない!」
オフェリアインターナショナル・オンラインスクールは現行のオンラインスクール業界に強く危機感を感じています。

現在英会話レッスンが、その他サービスの中の一つとして扱われているケースが目立ちます。
もちろん、多くの方が英語に関心をもって学習に取り組むことは喜ばしいことです。しかし数多いコンテンツ配信メニューのひとつとして、充分なサービス品質が確保できているとは言い難いように思えます。どれだけのネット上の「スクール」が、「生徒さんに英語をマスターしてもらいたい」という使命感を持って取り組んでいるでしょうか。

HY080_72A

例えば、「毎日〇レッスンプラン」などに申し込んだものの、レッスン消化がいつの間にかノルマとなり、かと言って購入済みクレジットは容赦なく自動的に消滅するのは精神衛生上避けたいものです。また、解約手続きを怠ると大切な財産は確実に目減りしていきます。

オフェリアインターナショナルでは、よりよいレッスン環境で継続的に学習していただくため、学習者にとって不利なシステムやルールは排除しています。

また、見栄えはいいのですが、スクール側が多くの教材を準備していても、講師側には予習する暇などありません。
レッスン中は即興的になり、体系的な説明ができない場合が多いのも問題視すべき点でしょう。しかしこれは講師の問題というより運営システム上の問題と言えます。 

質より量と言わざるを得ない多くの大手の「スクール」にとって、わずかな講師報酬を捻出さえすれば、ビジネスとしては成功かもしれません。しかしそれでは講師側に大きなしわ寄せが生じますし、モチベーション的な問題が発生するでしょう。

現に、レッスン中に明らかに他人とメッセージ交換をしていたり、画像が乱れるとの理由でカメラを切る講師のケースも多いと聞きます。ビデオを切ってしまえれば内職天国モードになります。講師にとって報酬が少なければ、働くコマ数を最大限に広げるしかありません。そんな中で、テキストの予習等を期待するのは無理があります。

これらの背景があり、「online-ophelia.jp」を立ち上げました。他のネットビジネスを母体としていない英語教育専門スクールの運営ですので、講師の皆さんのモチベーションを下げたり、生徒の皆さんを単なる数字と見なすようなことは決してありません

オフェリアインターナショナルでは教材も講師が一番使いやすいように、各講師担当のオリジナル教材(またはオンライン・オフライン教材)を使用するほか、PHD保有の教科書作家とのタイアップ教材、当校オリジナルのBEST  (Buisiness English Speaking Test) などのアドバンス教材も利用可能です。他のスクールで起こりがちな、一度講師とフリートークをやってしまうと次回からフリートークばかりに誘導されてしまう、という事がないのも安心です。

HY136_72A

オフェリアインターナショナルではリアルスクールで培ったノウハウを最大限にオンライン上で活かし、生徒様一人一人の喜びを最大限に追求致します。同時に講師にも先進国並みの報酬制度を導入(フェアトレード)しております。

日本にいながら専門的アドバイスが受けることができるのはインターネットを本当に理想的な形で利用している姿だと思います。

このように、数あるネットビジネスの一環として英会話の看板を掲げるのではなく、当方が運営するリアルスクールの環境をネット上に投影させることにより、生徒様も講師達にも満足していただける事を目指してオフェリアインターナショナル・オンラインスクールはこの度スタートいたします。

また、英語以外にもドイツ語・中国語などを随時増やしていく予定です。言語教育だけでなくレア企画第一弾として、プロシンガーによる作詞指導なども予定しております。

中学生、高校生のスピーキングやヒアリングといった実践的な英語力の養成をはじめ、社会人からシニア~高齢者のための生涯学習、海外への渡航予定のあるビジネスマンの自宅学習はもちろん、法人様向けの企業研修まで幅広く対応しています。

是非ご期待ください。

オフェリアインターナショナル
代表 関口 良嗣